プリンターの進化|議論や会議で役立つ優れもの【ホワイトボードを有効活用】

議論や会議で役立つ優れもの【ホワイトボードを有効活用】

社内

プリンターの進化

3Dプリンター

日本をはじめ多くの世界で技術が進歩し、紙に印刷をメインとしていたプリンター立体的に作ることができる3dプリンターが作られました。これには個人用と業務用がありますが企業などの作業に使う時には主に業務用が多く使われます。開発部門がある企業、工場では3dプリンターを導入することで社内、工場内で試作をする時に部品を作らずに3dプリンターを使って試作を作ることができるので、製品化するまでの時間短縮、コストの大幅な削減につながります。また、数多くの試作を可能にするので製品のデザインや製品のデザインがより向上させることができます。ですから、開発部門での業務の効率化を図るためにも3dプリンターは必要な機械であると思います。

3dプリンターには、個人用の販売を目的としたローエンド3dプリンターと業務用の販売を目的としたハイエンド3dプリンターがあり、前者は数万から数十万で購入できますが、後者のプリンターは数百万から数千万します。業務用の3dプリンターは、主に自動車や家電製品などの試作品の開発だけではなく、医療分野に使うことも目的としているため効果ではありますが、クオリティーもとても高いものが多くああります。また、導入する前にあらかじめ販売している企業にCADなどで製作したデータを3dプリンターを使って製作して性能を確認した上での購入できるサービスを行っているので、効果な買い物でも失敗することなく導入に踏み込むことができます。